車検を受ける場所について覚えておいたほうがいいこととは

ディーラーで車検を受ける場合

車検を受ける場合は、どこで受けたらいいでしょうか。車検を受けられる場所は主にディーラーや民間の車検場などがあります。この2つは昔からありますが、最近はガソリンスタンドやカー用品店、フランチャイズの車検場など様々なタイプの車検場があり、どれを選んだらいいかわからない人も多いと思います。金額だけで言えばディーラーが1番高いですが、その分信頼できる内容になっています。他の車検場と比べると2万円ぐらいは高くなります。

民間の整備工場で受ける場合

では、民間の整備工場で車検を受ける場合はどうでしょうか。民間の整備工場には指定工場と認定工場の二つがあります。指定工場で車検を受ける場合には、陸運局に車を持っていかなくてもその場で車検を受けることができます。陸運局の代わりに車検を行う資格があるからです。一方で、認定工場で車検を受ける場合は、陸運局に車を持っていかなくてはなりません。ただし、整備工場の方で持っていってくれるので、車のオーナーは何もする必要はありません。

安く車検を受けられるところとは

できるだけ安く車検を行いたいなら、カー用品店やフランチャイズの車検場、そしてガソリンスタンドなどで申し込みを済ませるべきです。これらの車検場は、ディーラーなどに比べると後発組になります。後発組がディーラーや民間の整備工場からお客さんを奪うには、料金を安くすることが手っ取り早いのです。ですので、ディーラーや民間の整備工場に比べると1万円から2万円ぐらいは安くなります。ただし、保証はディーラーや民間の整備工場の方がしっかりとしています。

車検が切れたが車を持っていても、その車を売ることができないと思っている人は少なくないでしょうが、実は売ることができるのです。