車検をするに当たり最低限知っておきたいこと

車検はどのくらいの費用がかかるか

車検をするとき、普通自動車であればどれくらいの費用がかかるかという質問があれば、10万円ぐらいと答えるのがよいでしょう。10万円の内訳は法定費用が6万円前後、車検費用が4万円ぐらいになります。ただし、法定費用の場合は従量税が車によって変わりますので、1000キロ未満のコンパクトカーの場合と、2000キロを超える大型車の場合では2万円ぐらいは異なります。ですが一般的には10万円ぐらいになります。ただし、例外的な場合もあることを知っておきましょう。それは自動車が古い場合ですね。

年数が経った車は重量税が高い

年数が経過してしまった車は、なぜか重量税が高くなります。新車の時から13年を超えているような車は、通常の車に比べて1.5倍ぐらいの税金になります。このように、13年を超えるような車の重量税が高いのはなぜでしょうか。その理由は、国としては新しい車を購入してもらいたいからです。実際にエコカーの場合には重量税がかなり安くなります。逆に古い車ほどエコではないので、重量税を高くして早く買い替えを促していると解釈するのが妥当ではないでしょうか。

パーツの交換についても頭に入れておく

普通自動車持っている場合、おおよそ5年から10年ほどでパーツの交換が必要になります。最初に必要になるのはタイヤかバッテリーの交換です。タイヤは 4本で4万円前後と考えておけば間違いないところです。ただし大きさによってもグレードにあっても値段は前後します。あくまで平均的な値段ということであれば1本1万円ぐらいですね。バッテリーであれば2万円から3万円ぐらいが妥当です。このような出費を防ぐためには、2回目か3回目の車検で売却をすると考えることも悪くありません。

エネオスで車検を受けたいならば、あらかじめ見積もりを依頼することがポイントです。無料で費用や納期について詳しく教えてもらえますので、とても参考になります。