ヤマネコだけじゃない!西表島の魅力に包まれる

豊かなマングローブの森

八重山諸島の玄関口である石垣島から、高速フェリーで約40分のところに位置する西表島。八重山諸島で一番大きく、他の島と異なり白い砂浜や青い海というより、亜熱帯のジャングルが広がる緑豊かな島といった様子です。中でも有名なのが日本最大のマングローブの林。島を流れる仲間川では、遊覧船やカヤックで両岸に広がる300ヘクタールの広大なマングローブ林を楽しむ事ができます。途中船から降りて展望台まで上ったり、遊歩道をハイキングするコースも人気です。

併せて行きたい由布島

西表島から約400mの距離に位置する由布島。両島の間には遠浅の海が広がっていますが、満潮時でも水深1mにも満たない為、水牛車を利用して行き来することができます。島のおじい、おばあが三線を奏で、民謡を歌いながら操る水牛車に揺られて対岸に渡ると、蝶々園やブーゲンビレアガーデンなど、亜熱帯の動植物の園が広がっています。人口より水牛の多い島ですが、レストランや売店もあり、人気の観光スポットとなっています。

星砂の浜と鳩真島で過ごす

島の北端には星砂の浜があり、星の形の砂を拾うことができます。星砂はいわゆる「砂」ではなく、砂状の海洋性堆積物やその元になった生物の骨格が星の形に似ている為についた呼称ですが、その可愛らしい形から、今でも人気のお土産のひとつです。また、浜の近くの上原港から高速船で10分の距離にある鳩真島は、ドラマ「瑠璃の島」の舞台になったことで有名になりましたが、周囲約4kmと歩いて1周できるような小さな島です。ところどころにあるビーチに寄りながらのんびり散歩して素朴な島の魅力に包まれてみたいですね。

西表島は沖縄で2番目に大きな島で、90%が亜熱帯の原生林で覆われてます。イリオモテヤマネコは代表的な希少生物です。マングローブが生い茂るジャングルや、山、海、川を満喫できる西表島のツアーも人気です。