探せばこんなにあった!与論島旅行に隠された魅力

年中温暖なのが与論島の魅力

与論島は、鹿児島の南に位置する小さな島のことを指しています。日本の中でも比較的沖縄に近いということで、気候も温暖です。沖縄と同様に、秋や冬に行くのも適している観光スポットですね。寒いのが苦手だという人も日本には多いですから、これからさらに注目され始めるかもしれない場所ですよね。今のうちにチェックしてみてください。秋や冬でもスキューバダイビングが楽しめるなど、他の場所にはない魅力がたぷり隠されているのでおすすめですよ。

百合ヶ浜という有名なスポットがある

テレビや雑誌でもよく紹介されていますが、与論島には百合ヶ浜というビーチがあるんですよ。このビーチは、潮の満ち引きの関係上、出現する時期が決まっています。故に、幻の浜とも呼ばれているわけですね。月に数回しか出現をしないこともあるので、ここに降り立つことができれば幸運になれるとも言われています。日本にこんな美しい場所があったのかとびっくりできること間違い無しなので、一度は行ってみたい場所ですよね。ちなみに、この浜では星の砂を採取することもできます。

もちろん海外に行くより値段は安い

与論島は、珍しい名前ではありますが、もちろん国内にある島です。ですから、費用も比較的安く済ませられるわけですね。グァムやハワイに行こうと考えるとそれなりの予算が必要になりますが、与論島ならそう多くの費用は必要がありません。安い値段でクオリティの高い体験ができるという点にも魅力があるわけですよ。パスポートを作る必要もありませんから、学生の人にもおすすめができる観光スポットであることに間違いはありません。

与論島の旅行とは鹿児島県の最南端の島へ旅行することです。青い海、青い空が魅力であり、もずくやハイビスカスのドリンクも人気があります。