まさに楽園!竹富島と沖縄の離島で過ごす至福のひととき

水牛と満天の星空を堪能

竹富島に来たら体験したいのが「水牛車」。沖縄らしい赤瓦の屋根を持つ平屋、軒先のシーサー、白い砂がまぶしい道…そんな中を、大きくも優しい目をした水牛に引かれてのんびり散策していると、日常の喧騒を忘れてまさに別世界に来た錯覚にとらわれます。太陽の燦々と輝く夏もいいですが、ハイシーズンが落ち着き、少し暑さの和らぐ秋もおすすめです。人工の明かりの少ない離島では、夜空に輝く星もまた格別です。リゾートホテルでムームーに身を包み、星空を見上げれば日ごろの疲れも吹き飛んでしまうことでしょう。

離島めぐりで沖縄を満喫

竹富島は沖縄の離島の玄関口、石垣島から高速フェリーで約10分と、非常にアクセスの良い島です。また、周囲9kmと小さい島であり、竹富を満喫した後は小浜島、西表島と、他の離島と数日間かけてセットで回るのがおすすめです。サトウキビ畑の広がる小浜島で散歩しながら小さな製糖場を訪れるも良し、ヤマネコで有名な西表島でマングローブの中をカヤックで進むも良し、石垣島でマリンスポーツを楽しむも良し、どの島もそれぞれの魅力があり、何島めぐっても飽きることはありません。

沖縄を心に焼き付ける

独特の文化と雰囲気を持つ沖縄で楽しめるのは観光だけではありません。食べ物ではソーキそばやゴーヤチャンプルー、ラフテーなど数多くの郷土料理があります。泡盛と一緒にいただけば、美味しさもより一層増すことでしょう。また、スーパーや公設市場に行ってみると、見たこともないようなカラフルな魚や丸ごと売られている豚の頭に驚かずにはいられません。そしてどこからともなく聞こえてくる三線(さんしん)の音色と民謡を歌う柔らかな声、沖縄の魅力の秘密はなんと言っても現地の方々の優しく、温かい笑顔とおもてなしの心なのでしょう。

竹富島のツアーは現在では非常に人気となっており、シーズンオフであっても開催されている程に人気がある地域です。