人気の高いホットヨガ!通常のヨガと何が違うの?

大きな違いは温度と湿度

ヨガは健康にも美容にも効果が高く、世界中で人気のエクササイズです。ヨガを始めようと、検索して調べたことがある人も多いでしょう。その時にヨガだけでなく、ホットヨガという言葉を見かけた人もきっと多いですよね。ヨガとホットヨガは何が違うの?と疑問に思ってしまった人もいるでしょう。この2つの大きな違いは、温度と湿度です。ホットヨガは室温が38度から39度ほど、湿度が55%から65%ほどに設定されているんですよ。そのため、ホットヨガは施設内で行われるのが一般的です。

冷え性でも筋肉が伸びやすい

ホットヨガと通常のヨガの違いは、環境の違いです。実際に行われるヨガの内容は一緒であり、得られる効果も変わらないと言われているんですよ。しかし、女性の多くは冷え性であり、ゆったりとした動きのヨガをしていると、手足が冷えてしまう、という人もいます。しかし、ホットヨガであれば、室温が高めに設定されているので、冷え性の方も身体が温まり、のびのびとヨガを楽しむ事ができます。身体が冷えていると、筋肉も硬くなってしまうからなんですよ。

汗を沢山かくことができる

ホットヨガは、湿度の高い環境で行われるヨガです。通常のヨガではあまり得られることができないのが、汗を沢山かくという事でしょう。湿度と室温の高い中でヨガを行うので、普段汗をかきにくい人も、しっかりとかけるようになります。現代人は汗がかきにくくなっていると言われており、汗が出ないと体温調節ができなくなってしまいます。また代謝が悪くなってしまうので、太りやすくなる、肌が荒れるなど様々なトラブルが起こってしまうんですよ。夏でもあまり汗が出ないと感じている人は、ホットヨガを試してみましょう。

自分にあった川口のホットヨガの探し方は、お試しコースで一度参加してみることをおすすめします。教室の雰囲気や様子など観察してきめることがいいでしょう。