車に乗るなら車検の基本について知っておこう

車検が必要な理由を考えよう

自動車を運転する時は必ず定期的に車検を受けなければならないという決まりがあります。しかし、車検にかかる費用は非常に高いですよね。車の維持費は高いとよく言われますが、その中でも車検は断トツに高いです。そもそもなぜ車検が必要なのかという疑問を持ってもおかしくありません。車検の必要性については、事故を起こさないようにするためです。運転技術が原因の事故ではなく、整備不良が原因の事故です。これを防ぐためにはやはり車検が必要と考えるのが妥当ではないでしょうか。

車検を受けないとどうなるか

現在の法制度では、車を所有している人は、新車の場合は3年に一度、それ以外の場合は2年に一度車検を受けなければなりません。車検費用が高いからといって車検を受けない場合はどうなるでしょうか。この場合、罰金50万円以下か懲役1年未満のどちらかを受けます。それ以外でも、免許証の点数が6点マイナス、さらに車検を受けないということは自賠責保険にすら入っていないことを意味しますので、さらにマイナス6点ですので、免停ですね。

車検をし忘れた場合はどうするか

では、車検をし忘れた場合はどうなるでしょうか。通常であれば車を購入したところから通知があるわけですが、どうしても忙しくていけなかったり、すっかり忘れていていて、車検の期限を超えてしまった場合は車検を受けることはできません。違う見方をすれば、公道を走っただけで違反になります。この場合は、もう車に乗れないわけではなく、運輸局でもらう仮免許を取ることで走ることができ、車検場まで運転が可能になります。当然、運輸局まではその車の運転以外で行くしかりません。

車検を行う際には、複数の業者に対して事前に見積りを依頼し、金額などを比較することでお得な業者が見つかります。