表向きの広告だけではだめ!かかる費用や状態をチェック

表面上の安さだけでなく諸費用も見る

中古車を購入するとき、少なからず現場に行くでしょう。インターネット上でもある程度の検索はできますが、それだけですべてを決めることはできません。現物を見て、内容をチェックして交渉することになります。この時には金額が大きく記載されていますが、これだけを見て選んでよいかです。実は諸費用が掛かります。この諸費用の表示方法は業者によって異なります。ですから、表面上安くても、諸費用が掛かることがあります。諸費用も加味して選ぶ必要があります。

納車前の点検サービスがしっかりしているか

新車の場合、メーカーの工場から送られてきてそれに乗ることが出来ます。工場から出されるときに十分検査されているので問題ないでしょう。中古車の場合、業者によって販売方法が異なります。きちんと整備した状態で売りに出すこともあれば、ある程度の整備だけで後は納車前に行うところもあります。この時、納車前の点検をしっかり行ってもらえるところなら安心できます。併設している工場が認証工場か指定工場であれば、良い状態で納車してくれます。

記録簿があるなら自動車の履歴がはっきりする

中古でいろいろなものを購入できますが、多くの場合前の人がどのように使っていたかはわかりません。雑に使っていても販売者がきれいにクリーニングをしていれば汚れは消えています。でも傷みやすくなっているかもしれません。中古車を選ぶときには、記録簿があるかどうかをチェックします。これは、車検の記録がされているもので、新車の時に冊子が付けられています。ただし、すべての中古車についているわけではありません。あれば、履歴がはっきりして、安心して乗れます。

ボルボを仙台で探す際には、販売店を訪れて展示車両を眺めることで、細かい点までチェックしながら最適な車種を選択できます。