高いからこそ失敗したくない!自分に合ったピアノの選び方

置き場所や練習環境をまずチェック

ピアノは決して安い買い物ではありません。買ってから後悔しないためにも、事前の下調べが重要になります。またピアノそのものはもちろんのこと、自宅でピアノのために割けるスペースや、近所への音漏れを配慮した練習環境なども合わせてチェックする必要があります。いざ運び込む段階になってスペースが足りなかったり、手に入れたのに音によるトラブルで練習できなくなった、なんてことになったら目も当てられません。事前チェックが肝心です。

ピアノ本来の音を楽しみたいなら

ピアノ本来の音を楽しみたいなら、アコースティックピアノがおすすめです。グランドピアノとアップライトピアノの2種類があり、タッチを反映させた表現力豊かな演奏ができます。ただし音量調節に限界があるので、ご近所への配慮が必要になります。重く、価格も高価です。電子ピアノの長所を兼ね備えた消音ピアノという種類もあります。音質にこだわりつつ、音を絞った練習が可能になりますが、やはり高価な上定期的なメンテナンスが必要になります。

周囲を気にせず練習したいなら

周囲を気にせず思いっきり練習したい、深夜でも音を出したいという人におすすめなのが電子ピアノです。アコースティックピアノのようにハンマーや弦によって音を出すのではなく、鍵盤を叩いた情報がセンサーで音源部に繋がり、デジタル音が鳴る仕組みになっています。幅広い音量調節が可能で、ヘッドフォンを使えば音漏れせずに練習できます。アコースティックピアノに比べて安価で軽く、メンテナンスの必要もありません。ただし、音色やペダルの使い分けなど、どうしても本来のアコースティックピアノに劣るポイントがあります。

スタインウェイは世界が誇るピアノメーカーです。濁りのない美しく繊細な音色は数々の音楽家にとても人気となっています。